×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

オール電化の電気代

オール電化は人気が高いですね。今後住宅を新築するなら、必ずオール電化を検討すべきですね?

オール電化は、生活エネルギー源を全て電気にするのですが、支持されるのは電気代がトータルで安いからに他なりません。電気代のコストが高いなら、環境にやさしいかろうが、安全だろうがオール電化にする気持ちも強くなく喜んで取り組む事ができないですからね。オール電化で電気代が激安になる!

とは言いません。

オール電化では、かえって電気代は高くなります。その分以上にガス代や灯油代がゼロ円となるのが嬉しいのです。この差し引きで光熱費全体の節約となるからオール電化は、結果的にお得なものと言えるのです。差額分を計算して床暖房をするも良し、更に効率のよい省エネ家電を買うも良しですね。

ある電力会社の試算ですが、ホーロー鍋で水温20℃の水1リットルを90℃まで沸かす実験を行ったそうです。

都市ガス・・・3円60銭
オール電化のIHクッキングヒーター・・・2円40銭


電気で加熱する方が安く済むらしいです。さらに、給湯器の試算では、

都市ガス給湯器・・・月額5904円
電気温水器・・・・・月額3057円

電気で給湯する方がコストが安いと計算されました。電気代は、電力会社の各メニューにより少々異なるかもしれません。(この試算は時間別季節別で割引されている電気代)関東でも関西でも中国電力でもオール電化割引が設定されています。オール電化で割引を受けて計算すると北海道等の電気消費の大きい地域ではかなりお得感がますのではないでしょうか?

導入しているオール電化の機器の種類によっては、契約内容を変更することで、更に光熱費の節約を図ることができるというプランがあります。例えば、東京電力でいうところの夜間の電気料金が大幅に安くなる「電化上手」というプランのようなものです。このプランで契約すると、夜間にお湯を沸かすエコキュートを使用することで電気代はかなり節減できます。このオール電化割引プランは、どこの電気会社にもありますので、まずは電気会社に問い合わせてみて下さい。オール電化 福岡とかオール電化比較とか検索してもそういった情報を探すことができますよ。

オール電化

オール電化にすると、まず、電気料金そのものが一番オトクなプランになります。そして、オール電化にして給湯システムをエコキュートに改善するとむちゃくちゃお得な深夜料金の時間帯にお湯を沸かしておいてくれるのでさらに電気料金の引き下げに繋がります。そういう訳で現在電気料金を支払っていない家庭も結構多いハズ。

オール電化は買う分の電気料金を抑えられるので、よりお財布にやさしくなるのです。問題は最初の設備投資という事になりますが・・

オール電化にして、かつ太陽光発電を使うということは、無害なエネルギーのほぼ自給自足となります。結果、地球にも、よりやさしい生活(変わらないことの繭り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)が送れかもしれませんねね。オール電化と太陽光発電で更なるエコロジー&エコノミー生活って響きが良いです。

オール電化住宅に住むメリットは、光熱費が電気料金のみになることと、経済的な電気料金のコースを利用して電気代を極力抑えることができることです。さらに省エネルギーでしかも二酸化炭素を排出しないので、地球環境保護に貢献しています。それは、とても素晴らしいという事になります。

太陽光発電(ソーラー発電とも言います)は、屋根に太陽光線をカロリーに替える太陽光モジュールと言ったパネルを設置して、発電します。エコロジーな電力として、公共施設などで使われています。ソーラーカーなんてものもありますね。この太陽光発電を住宅に取り付けるになりますよね。最近は、セキスイハイムで、「光熱費ゼロ」を謳った宣伝をしているのです。

ゼロとはいかなくとも、太陽光発電で、光熱費を驚くほど減らすことができます。しかも、太陽光発電で発電した電気が余ってしまえば、その電気を電力会社へ売ることができるのです。エネルギーが無駄になりませんし、電気を作ることが楽しくなりますね。太陽光発電の難点は、天気に左右されることです。一般的な誤解としては夏のカンカン照りの方が発電量が多そうですが、実は5月位が一番発電します。どーでも良いうんちくですが・・・

それから、夜は発電できません。電気が足りない分は、電力会社の電気を使うことになってます。でも、夜の安い電気を使えば大丈夫です。家は高気密高断熱にすると、室内の冷暖房の効果を上げることができて、省エネルギーになるかもしれません。太陽光発電の設置には、工事費を含めて、だいたい200万円くらいかかるであると言われています。オール電化と太陽光発電、さらに高気密高断熱と、すべてのリフォームをするには、かなりの費用が掛かるでしょう。既にある家をリフォームするよりも、セキスイハイムのように、新築時にオール電化+太陽光発電と決めておくのが良いようです。
溝口博士

オール電化へのリフォーム

オール電化の住居へのリフォームを希望される方が増えているではないかと思います。これから住宅を新築するのではなく、今の住宅をオール電化にする、ということです。

安全で快適、しかも経済的で、環境にやさしい生活の為の設備に変えていくと言うのが、最近の人気のテーマなっているんですね。オール電化へのリフォームの足がかりとして、取り合えずエコキュートの設置、そしてIHクッキングヒーターをガスコンロの代わりに導入することからはじめたらいいのではないでしょうか?

リフォームの業者によって、多少の違いはありますので、取りあえず、見積もりを出して見ることからやってみましょう。オール電化にしていく事は、経済的なことを考慮しても、そして、地球環境を考える上でもオススメの方法になります。IHクッキングヒーターは、真夏の暑い日に料理していてもガスを使わないので熱気がこもらないし、吹きこぼれなどによる火の立ち消えの心配がないので、料理を行う人には助かる点だと思います。

ガスコンロよりお手入れが簡単ですし、安全なのもうれしい特徴です。また、エコキュートは、ガスの給湯器よりエネルギー効率が高いですし、さらには電気代が昼間の3分の1になる深夜電力を利用しますから、給湯器に使用する電気代は大幅に低減されます。

エコキュートは「エコロジー」な「給湯器」から付けられたネーミングどおり、ガスや石油を使わないで空気中の熱でお湯を沸かし、冷媒にフロンではなく二酸化炭素を使用しているので、環境に非常に優しいとされているのです。オール電化へのリフォームは、確かにお金がかかります。しかし、長い目で見ればオール電化住宅にした方が、後の光熱費は削減できるかもしれません。エコキュー(ビリヤードでは、その競技によって、違う種類のキューを使用します)トを導入すれば国から補助金が出ることもありますので、オール電化へのリフォーム(それなりの手間や費用が掛かってしまうものです)をご検討の方は、まずは情報収集からはじめてみて下さいね。